「好きな日に働き、嫌いな仕事はやらなくていい」――“自由すぎるエビ工場”が破綻しない理由

ITmedia ビジネスオンライン / 2019年5月27日 11時12分

●いつ出勤するのも「自由」で、パート従業員の働きやすさを追求する 大阪のパプアニューギニア海産は、南太平洋のパプアニューギニアから輸入した天然エビを、工場でむきエビやエビフライなどに加工して販売する会社です。 2016年の夏、工場長の武藤北斗さんによる朝日新聞への投書が話題になりました。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング