50歳になった「ブルーレット」は、なぜ姿を変えても売れているのか

ITmedia ビジネスオンライン / 2019年6月19日 8時24分

「クン、クン、クン。トイレがちょっと臭うなあ」と感じて、芳香剤を購入したことがある人も多いのでは。スーパーやドラッグストアなどの日用品コーナーに足を運ぶと、トイレ用の芳香剤がズラリと並んでいるが、その中に長ーく愛されている商品がある。小林製薬の「ブルーレット」だ。 ブルーレットの誕生日は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング