サブスクは音楽を生かすのか、殺すのか――電気グルーヴ配信停止も波紋

ITmedia ビジネスオンライン / 2019年7月12日 7時0分

近年、音楽の聴き方として日本でも存在感を増してきた、サブスクリプション(定額サービス。サブスク)のサービス。月額1000円前後の定額料金を支払えば、アプリ上で数百万~数千万曲が聞き放題になるというものだ。 6月にはAppleが、曲や動画の代表的な管理アプリであるiTunesを最新のOSには搭載しないと表明した。新たなOSにはiTunesの持っていた機能を分割して入れる。同社でも、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング