写真

ソフトバンクを追従した形

2019年10月から、改正電気通信事業法が施行される。各キャリアによる行き過ぎた「囲い込み」の防止や、通信料金と端末料金の完全分離を目的とした本法。これまで大手キャリアは通信料金と端末料金を一体化させることでさまざまな値引き戦略をとってきた。本法では、「通信役務の利用及び端末の購入等を条件として行う利益の提供」について「2万円(税別)を超える額」の値引きを禁止。例えば、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング