セブン「1000店閉店、移転」はドミナント戦略の限界か

ITmedia ビジネスオンライン / 2019年10月16日 10時24分

そりゃそうなるわな、と感じた人も多いのではないだろうか。 先週、セブン-イレブンが2019年下期以降、1000店舗を閉店・移転すると発表したことについてだ。 加盟店へのロイヤルティー率を引き下げたことで100億円ほど利益が減るところを、本部人員の削減や不採算店閉鎖のペースを加速するなどで乗り切ろうとしている――というのがセブン側の説明だが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング