写真

「老後2000万円問題」について語るじぶん銀行臼井朋貴社長

金融庁のいわゆる「老後資産2000万円」報告書がきっかけとなり、日本でも資産運用への関心が高まっている。一方、資産運用を始めようとしても、「投資は危険」「金融機関にだまされる」などといったネガティブな印象を抱いている人が多いのもまた現実だ。 そこで、自身も株式会社マネネの代表として金融教育に携わり、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング