6割のドライバーがあおり運転を経験 どんな対策を取っているのか?

ITmedia ビジネスオンライン / 2019年10月18日 14時50分

悪質なあおり運転が引き起こす事件、事故が多発し、社会問題になっている。チューリッヒ保険が行った調査によると、日常的に運転するドライバーの6割があおり運転をされた経験を持っていた。 実際には、どんな行為をされたのか。トップは、「自動車に激しく接近し、もっと速く走るよう挑発してきた」(74%)というもの。次いで「車体を接近させて、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング