アマゾン「置き配」の衝撃 「お客様が神様で無くなった世界」で起こり得る“格差問題”

ITmedia ビジネスオンライン / 2019年11月12日 9時0分

アマゾンが、荷物を配達員が指定場所に置いて帰る「置き配」を、標準の配達方法にする実証実験を開始した。都市部など一部地域では、利用者が希望すれば「置き配」を選択できるようになっているが、日本では利用者の抵抗感がまだまだ大きい。 だが置き配は、利用者にとってもネット通販事業者にとっても圧倒的に効率的であり、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング