写真

たばこを売るコンビニは多い

10月9日に開催されたローソンの決算発表会で、管理本部の加藤京一経理部長は「(2019年度上期の)総荒利益率が前年を下回ったのは、利益率の低いたばこの売り上げが増大したため」と発言した。ローソンの19年度上期連結決算を見ると、既存店売上高は前年同期比プラス1.2ポイントの100.4%だったが、総荒利益率は同マイナス0.2ポイントの31.2%で着地した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング