写真

地元密着を貫く「あつた蓬莱軒」のひつまぶし3990円。1杯目はそのまま、2杯目は薬味をちらし、3杯目はだしをかけてお茶漬け風と3つの味を楽しめる

名古屋めしビジネスの強さを探る短期集中連載、第1回(関連記事:かつてゲテモノ扱いされた「名古屋めし」逆境を乗り越えた“強さ”とは)ではみそかつの「矢場とん」、手羽先の「世界の山ちゃん」、喫茶店の「コメダ珈琲店」を取り上げた。これら全国展開に積極的な名古屋めし企業がある一方で、地元密着を貫く企業もある。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング