写真

スズキが販売していた軽自動車「パレット」(出典:スズキ)

スズキは11月21日、ブレーキ部品に不具合があるとして、軽自動車「パレット」など計3車種51万7316台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。最悪の場合、減速させる力が低下する恐れがあるという。 対象はパレットのほか、OEM供給していた日産自動車の「ルークス」、マツダの「フレアワゴン」。製造期間は2008年1月~13年2月。 16年4月にも同様の不具合によるリコールを実施したが、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング