「コンビニでも公共料金が支払える」がローソンにとっておいしくない理由

ITmedia ビジネスオンライン / 2019年12月6日 11時25分

コンビニはいまや買い物をするだけの場所ではなく、さまざまなサービスを利用するための窓口にもなっている。中でも、公共料金やECサイトでの買い物をコンビニで支払える「収納代行サービス」は利用者も多く、ローソンでは年間取扱高が2兆円強に上るという。さぞ手数料でもうかっているのかと思いきや、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング