ヨドバシ「リンクス梅田」の来館客数が500万人突破、オープン後10日間で

ITmedia ビジネスオンライン / 2019年12月6日 15時35分

カメラ・家電量販店を展開するヨドバシホールディングスは12月5日、運営する複合商業施設「LINKSUMEDA」(リンクス梅田、大阪市)のオープン後10日間の来館客数が500万人を突破したと発表した。同社は年末年始までの累計来館客数が1500万人を超えると見込んでいる。 リンクス梅田は11月16日にオープン。約200店舗のテナントが出店している。日本最大級の来店客数があるヨドバシカメラマルチメディア梅田やその専門店などが一体となっており、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング