「安さ」という“王道”を捨てたマツキヨ 裏から支える謎の会議「コミッティ」とは?

ITmedia ビジネスオンライン / 2019年12月13日 5時5分

ドラッグストアといえば「お買い得」の宝庫。これまでは“安売り”のイメージも強かった。しかし、各チェーンはあの手この手でこのイメージを払拭(ふっしょく)しようとしている。 ココカラファインとの経営統合に向けて協議を開始したドラッグストア業界の雄、マツモトキヨシホールディングスも例外ではない。マツモトキヨシは1994年度から2015年度まで、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング