「賞味期限20分のジュース」「1本2000円」 バナナの高付加価値化が止まらない背景とは

ITmedia ビジネスオンライン / 2019年12月16日 6時15分

今、バナナの消費量が伸びている。バナナといえば、いつでもどこでも気軽に手に入るフルーツの代名詞であり、青果店やスーパーだけではなく、コンビニやスターバックスでも手に入る品だ。総務省が「家計調査」で発表している「生鮮果実1人1年当たりの購入数量」をみると、1993年には32.7キロだったが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング