好調ワークマン、コンビニと一線画す「秘密のフランチャイズ」戦略に迫る

ITmedia ビジネスオンライン / 2020年3月30日 9時0分

24時間営業問題などさまざまな課題を抱え、批判の対象にもなっているコンビニのフランチャイズ(FC)ビジネス。では、他の業界でFCは一体うまくいっているのだろうか。 一般社団法人・日本フランチャイズチェーン協会(東京・港)によると、FCの店舗数は26万強で、うち小売りが11万強だ。そのうちコンビニは約5.8万店(いずれも2018年度)で大きな存在感がある。ただ、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング