サイゼリヤが新型コロナ対策で酒類の販売制限 「大声」と「客同士の接近」を防ぐため

ITmedia ビジネスオンライン / 2020年4月5日 14時26分

サイゼリヤは、4月6日からレストランサイゼリヤ全店で酒類の販売制限を行うと発表した。飲酒の量が増えるに従い、お客が大声で話をしたり、接近してしまったりする。販売制限をすることで、お客が店内で安心して飲食できる環境にするという。 「ビール(グラス/ジョッキ)」「ストロングゼロ」「グラスワイン」「オールフリー」は1人当たり2杯(本)まで。オールフリーはノンアルコール飲料だが「目的を鑑み酒類扱いと致します」(サイゼリヤ)という。「デカンタワイン(250ミリリットル)」と「デカンタワイン(500ミリリットル)」は1人当たり1本まで。さらに、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング