3月上旬はダメだと思ったが…… ワークマンがコロナショックを乗り越え絶好調

ITmedia ビジネスオンライン / 2020年4月6日 11時21分

国内の大手アパレルが3月のコロナショックで苦戦する一方、ワークマンにはどのような影響があったのか。 ワークマンは4月1日、2020年3月度の月次データを公表した。3月の既存店売上高は117.7%(対前年同月比)、客数は116.8%(同)、客単価は100.8%(同)となった。3月上旬は外出を控える傾向が強まり販売への影響が出ていたが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング