コンビニのポプラ、3期連続の最終赤字へ コロナショックの影響

ITmedia ビジネスオンライン / 2020年4月10日 11時16分

東京商工リサーチによると、コンビニのポプラ(広島市)は営業利益が4年連続、当期純損益が3年連続で赤字の見通しになることが分かった。これはポプラが4月7日に発表した2020年2月期連結決算の業績予想修正で明らかになった。 業績予想修正では、前回予想の当期純利益11億800万円の黒字から、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング