コロナ禍でも好調ワークマンの意外な死角「在庫問題」――決算から徹底分析

ITmedia ビジネスオンライン / 2020年6月3日 9時0分

新型コロナによる打撃が著しいアパレル業界。だが、例外的に好調な業績を維持している企業もあるようだ。ワーキングウェア(作業服)などの小売りを手掛けるワークマンが2020年3月期決算で発表したチェーン全店売上高は、前年比31.2%増の1220億円となった。 作業服にとどまらず、アウトドアを中心に若者・女性など一般向けのアパレルへとウイングを伸ばし、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング