コロナ関連の経営破綻、200件超に――宿泊、飲食で影響著しく

ITmedia ビジネスオンライン / 2020年6月3日 17時0分

東京商工リサーチは、6月3日正午現在で新型コロナ関連の経営破綻が全国で204件に上ったと発表した。集計は2月以降で、6月に既に12件が判明しており200件を突破した。 ●コロナによる業績悪化が「とどめ」に 計204件のうち倒産は149件に上り、中でも破産は121件となった。一方で再建を目指す民事再生法の適用は18件にとどまる。 同社の担当者は「もともと人手不足や消費増税などで資金繰りが厳しくなっていたところに、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング