最終赤字6700億円でも「手元資金は十分」とうそぶく日産 問われる内田社長のリーダーシップ

ITmedia ビジネスオンライン / 2020年7月7日 8時31分

巨額の赤字に陥った日産自動車は再起できるのか。 5月28日に発表した2020年3月期決算は、最終損益が6712億円の赤字になった。最終赤字はリーマンショック後の2009年3月期(2337億円の赤字)以来。赤字額としてはカルロス・ゴーン元会長が着任して改革に乗り出した2000年3月期の6843億円に次ぐ規模となった。 20年前の決算では、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング