日産「セレナ」11万台リコール CVTに不具合、走行できなくなる恐れ

ITmedia ビジネスオンライン / 2020年7月3日 14時54分

日産自動車は7月2日、ミニバン「セレナ」など計2車種11万1546台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。変速機の制御プログラムに不具合があり、走行できなくなる恐れがあるという。 リコール対象はセレナと、スズキにOEM供給する「ランディ」。製造期間は2012年7月~13年12月。 対象車両は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング