写真

ファーウェイが深センに設置しているサイバーセキュリティーラボ

2019年は非常に厳しい1年だったが、20年はそれ以上に大変な年になる。 中国通信機器メーカー、ファーウェイ(華為技術)の徐直軍(エリック・シュー)輪番会長は、20年3月の19年度決算発表会でこう話した。その背景には、年初から拡大していた新型コロナウイルスの影響、そして米トランプ政権による輸出規制などがある。 任正非(レン・ジェンフェイ)総裁をはじめとする同社幹部が、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング