Oracleの「Identity Manager」に重大な脆弱性、緊急パッチ公開 すぐに適用を

ITmedia エンタープライズ / 2017年10月31日 8時50分

米Oracleは10月27日、「IdentityManager」に見つかった極めて深刻な脆弱性に対処するアップデートを緊急公開した。ユーザーに対し、すぐに適用するよう強く勧告している。 Oracleのセキュリティ情報によると、この脆弱性を悪用されれば認証なしのネットワーク攻撃を通じてIdentityManagerを完全に制御される恐れがある。危険度は共通脆弱性評価システム(CVSS)のベーススコアで最も高い10.0に分類している。 米セキュリティ機関のSANSInternetStormCenterは今回の問題について、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング