AMD、プロセッサの脆弱性に関する検証結果を公表 修正パッチで対応へ

ITmedia エンタープライズ / 2018年3月22日 9時59分

米AMDは3月20日、イスラエルのセキュリティ企業CTS-Labsが発表した同社プロセッサの脆弱性に関する検証結果を公表し、対策パッチの開発に当たっていることを明らかにした。 AMDによると、社内で調査した結果「AMDSecureProcessor」の組み込みセキュリティコントロールプロセッサを管理するファームウェアの脆弱性と、ソケットAM4デスクトッププラットフォームおよびソケットTR4ハイエンドデスクトップ(HEDT)プラットフォームに使われているチップセット「Promontory」の脆弱性を確認した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング