仮想通貨を盗むマルウェアが「Google Play」に セキュリティ企業に発見され削除

ITmedia エンタープライズ / 2019年2月12日 12時34分

セキュリティ企業のESETは、仮想通貨を盗み出すマルウェア「Clipper」が米Googleの公式アプリストア「GooglePlay」で発見されたと伝えた。 Clipperは2017年にWindows版が出現し、2018年にはAndroid版がハッキングフォーラムや非正規のアプリストアで出回っていたが、GooglePlayで見つかったのは初めてだという。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング