Appleに独占禁止法違反の疑い 公取の調査が“iPhone販売”に与える影響は?

ITmedia Mobile / 2018年7月21日 9時35分

公正取引委員会は7月11日、独占禁止法違反の疑いがあったAppleに対する調査結果を発表した。ドコモ、KDDI、ソフトバンクとの契約を問題視し、調査を進めていたが、問題になりそうだった一部の内容をAppleが自主的に改定したことで疑惑が解消。公取の審査も終了した格好だ。Appleとキャリアの間では、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング