“没頭する人”に向けて追求した軽量化 有機ELはシャープ流にアレンジ 開発陣に聞く「AQUOS zero」

ITmedia Mobile / 2019年1月24日 6時0分

シャープの「AQUOSzero」は、同社製のスマートフォンとして初めて有機ELを採用したモデル。ソフトバンクが2018年12月21日に発売した。有機ELに加え、マグネシウムのフレームと、新素材のアラミド繊維「テクノーラ」を背面に採用したことで軽量化に成功。約6.2型ディスプレイを搭載しながら、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング