ドコモ夏モデルの狙いを読み解く ミッドレンジ拡大、ハイエンド機も買いやすく

ITmedia Mobile / 2019年5月19日 7時8分

NTTドコモが5月16日に発表した新商品と新サービスは、6月1日に導入される新料金プランに欠けていたピースを補うものだった。料金の負担感を軽減するミドルレンジモデルの拡大と、ハイエンドモデルに対する需要の落ち込みを緩和する措置が、その2本柱だ。夏商戦以降、料金プランはもちろん、スマートフォンの買い方や選び方が大きく変わる可能性もありそうだ。 ●分離プランに呼応し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング