10月1日から公衆電話の通話料が値上げ 増税の影響で

ITmedia Mobile / 2019年7月23日 12時0分

NTTコミュニケーションズは2019年10月1日、公衆電話からの通話について、消費税増税に伴う料金改定を実施する。 10月1日以降は、公衆電話から加入電話等への10円での通話可能時間を短縮。区域内は57.5秒から56秒に、隣接区域内は40.5秒から39.5秒などに変更される(いずれも昼間と夜間の場合)。 最近では見つけるのに苦労するほどの公衆電話だが、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング