2019年度上期の携帯シェア Appleが1位継続も減少傾向 SIMフリーはHuaweiが1位

ITmedia Mobile / 2019年11月13日 19時39分

MM総研は、11月13日に2019年度上期の携帯電話端末出荷台数を発表した。 総出荷台数は前年同期比5.8%減の1461.5万台で、2000年度の統計開始以来、半期別出荷台数では過去最低となった。内訳はスマートフォンが前年同期比7.5%減の1286.1万台、フィーチャーフォンは同8.3%増の175.4万台とわずかに増加した。 総出荷台数に占めるスマートフォン出荷台数比率は88.0%(前年同期比1.6ポイント減)、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング