写真

東京の二子玉川にお店を構える「メゾン フルーリ」

消費税が8%から10%に増税され、軽減税率やキャッシュレス・消費者還元事業といった施策も行われているが、特に軽減税率は基本的に飲食料品(と新聞)を対象としているため、軽減税率の影響がない店舗は多い。 そんな中で、現金仕入れが主流のためにキャッシュレス化が難しかったという花屋「メゾンフルーリ(MaisonFleurie)」代表取締役の佐々木久満氏に、リクルートライフスタイルのモバイルPOSレジ「Airレジ」と、キャッシュレスサービス「Airペイ」の導入で変わったことを聞いた。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング