写真

「電気通信サービスに係る内外価格差調査」の、シェア1位キャリアの料金比較。日本は米国よりやや低い、または同程度に高いという結果になっている

総務省が公開した「電気通信サービスに係る内外価格差調査」のデータをもとに、菅義偉官房長官が「携帯料金は大幅な引き下げの余地がある」と発言したことが、再び波紋を呼んでいる。内外価格調査では、各国でシェア1位のキャリアの通信料金を比較しており、日本(ドコモ)の料金は諸外国よりも高い結果になった。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング