ソニーが“クルマ”開発 窓の代わりにディスプレイ

ITmedia NEWS / 2017年10月24日 15時11分

ソニーは10月23日、CMOSセンサーや4Kディスプレイ、人工知能(AI)を搭載したコンセプトカー「NewConceptCartSC-1」を試作したと発表した。3人乗りの四角いクルマで、人による運転のほか、クラウドを介した遠隔操作して走行できる。 走行速度は0〜19km/時。サイズは3140(全長)×1310(全幅)×1850(全高)ミリ。 35ミリフルサイズCMOSセンサー(Exmor)を車両の前後左右に合計5個搭載し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング