日本はクマ型ロボットが多い? 「イヌ型」より人気という調査結果も

ITmedia NEWS / 2017年11月10日 16時2分

「日本のロボットはクマ率が高いのではないか」――そんな声がしばしば聞こえてくる。先日ソニーがイヌ型ロボット「aibo」を発表したばかりだが、イヌに負けず劣らずクマ型ロボットもよく見かける。 例えばNTTドコモの「ここくま」をはじめ、Hameeの「HamicBear」、富士通研究所の「子ぐま型ソーシャルロボット」、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング