チケットキャンプ、サービス一時停止 商標法など違反の疑い

ITmedia NEWS / 2017年12月7日 18時49分

ミクシィは12月7日、子会社のフンザが運営するチケット売買サービス「チケットキャンプ」のサイト上の表示について、商標法違反・不正競争防止法違反の容疑で捜査当局の捜査を受けたと発表した。チケットキャンプでの新規出品、購入申し込みなどを一時停止する。「再開のめどは未定」(ミクシィ広報担当者)という。 チケットキャンプは、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング