チケキャン問題「真摯に反省」、ミクシィ森田社長 「もう少し早めに経営判断できた」

ITmedia NEWS / 2018年2月14日 21時39分

ミクシィの森田仁基社長は2月14日、子会社フンザが運営するチケット売買サービス「チケットキャンプ」の問題を巡り、「真摯に反省して、再発しないよう考えていきたい」と話した。ミクシィがフンザを買収した当時の経営判断は「間違っていたとは思わない」とする一方、「もう少しレピュテーションリスク(風評により企業の信用が低下するリスク)やコンプライアンスを考えた上で、早めに経営判断できた部分があると思っている」と話した。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング