YouTube、不適切な動画対策の成果を報告──機械学習によるフラグ精度向上

ITmedia NEWS / 2018年4月24日 12時54分

米Google傘下のYouTubeは4月23日(現地時間)、不適切な動画の対策について説明した。昨年12月の説明の更新版だ。 YouTubeでは昨年3月、人種差別などの不適切なコンテンツが広告収入を得ているとして多くの企業が広告を引き上げた。Googleは6月、こうした問題に対処するために機械学習による問題コンテンツ検出システムの強化を約束した。 今回の発表は、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング