「世界最速処理性能」 MUFGとAkamaiが新型ブロックチェーンを開発

ITmedia NEWS / 2018年5月21日 20時7分

三菱UFJフィナンシャル・グループ(MUFG)とコンテンツデリバリーサービスなどを手掛ける米Akamaiは5月21日、決済処理速度2秒以下で、世界最速の取引処理性能となる毎秒100万件の取引を可能にするという新型ブロックチェーンを開発したと発表した。ブロックチェーンのメリットを犠牲にせず、取引の高速化と大容量化を実現したとしており、19年度以降に新型ブロックチェーン技術を組み入れた決済インフラのサービス提供を目指す考え。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング