Appleが推進する3D/ARフォーマット「USDZ」とは何か?

ITmedia NEWS / 2018年6月14日 11時31分

WWDC2018の「IntegratingAppsandContentwithARQuickLook」セッションで、macOSMojave、iOS12で使用できる、ピクサー・アニメーション・スタジオのオープンフォーマット「USDZ」についてAppleが解説している。 USDZでは、リアリスティックなレンダリング、ARオンボード、ARスナップショット、デバイスの動きに合わせたオブジェクト配置、100%スケールビュー、ファイル共有、ボイスオーバーなど、様々な情報をサポートしている。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング