写真

ロボットスーツを着用した人が、がれきの撤去作業を行っているところ(サイバーダイン提供)

「社内のロボットスーツをかき集め、大急ぎで災害現場向けにプログラムを書き換えました」──筑波大学発のベンチャー、サイバーダイン(茨城県つくば市)の中澤泰士さん(営業部)はそう振り返る。 2018年6~7月に発生した西日本豪雨の被害を受けた岡山県で、装着型のロボットスーツが活躍した。 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング