「もはやTwitterは個人開発者など眼中にない」――クライアントアプリ「SobaCha」開発者がUser Streams廃止に思うこと

ITmedia NEWS / 2018年8月16日 7時0分

8月16日、Twitterのリアルタイム更新機能である「UserStreamsAPI」の提供が終わる。 UserStreamsを使わないWeb版のTwitter画面やスマホ向けTwitter公式アプリでは、新規ツイートを読み込むのにユーザーが毎回手動で更新しなければならないのに対し、UserStreamsに対応するサードパーティークライアントではリアルタイムに自動で新たなツイートなどが表示されていくのがメリットだった。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング