写真

不正アクセスによって約70億円相当の仮想通貨が流出した取引所「Zaif」の運営元テックビューロに対し、金融庁が9月25日、3度目の業務改善命令を出した。顧客被害への早急な対応を促すもので、業務停止命令などは必要に応じて判断する方針だ。同社は18日、同庁に被害を届け出たというが、報告内容は「全てにおいて不十分」(同庁幹部)だったという。 ●猶予は2日間金融庁の“厳しいスケジュール” 今回の業務改善命令では、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング