スマホカメラで手のひら撮影して認証 日立とKDDI総研が新技術 “手ぶら決済”可能に

ITmedia NEWS / 2018年10月11日 15時24分

日立製作所とKDDI総合研究所は10月11日、スマートフォンやタブレットの汎用カメラで撮影した手のひらの「掌紋」から、電子署名に必要な秘密鍵を一時的に生成・利用して公開鍵認証を行える「掌紋向けPBI」の技術を開発したと発表した。 既存の顔認証技術と組み合わせれば、生体認証用の専用装置不要で、1台のカメラで掌紋と顔の情報を同時に取得して高精度な認証が可能。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング