「強い憤りを感じる」 クラウドファンディング「CAMPFIRE」に“パクリ”企画 元ネタ企業が抗議

ITmedia NEWS / 2018年12月7日 12時16分

「自社のクラウドファンディングプロジェクトが盗用された」――Webメディアを運営するチャリツモ(東京都荒川区)は12月7日、同社が制作した「社会問題見えるカルタ」の画像や説明を無断で利用し、資金を募っていたプロジェクトがあったとして、掲載元の大手クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」に抗議した。チャリツモの指摘を受け、CAMPFIREはすでに該当プロジェクトを削除している。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング