ソフトバンクの障害は「重大な事故」 総務大臣が見解 行政指導も検討

ITmedia NEWS / 2018年12月7日 18時15分

石田真敏総務大臣は12月7日、閣議後の記者会見で、6日に発生したソフトバンクの通信障害は「電気通信事業法上の重大な事故」であるとし、同社の報告を精査した上で「行政指導を含む必要な対応を検討する」と話した。 ソフトバンクの発表によれば、通信障害は6日午後1時39分から午後6時4分ごろに発生。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング