クラウドファンディングで“パクリ”企画を掲載 運営元の対応は

ITmedia NEWS / 2018年12月12日 13時8分

「支援者の方を裏切ってしまい、大変申し訳なく思っている」――CAMPFIREが運営するクラウドファンディングサイトに、Webメディア「チャリツモ」が制作した「社会問題見えるカルタ」を盗用したプロジェクトが掲載されていた問題について、CAMPFIREはITmediaNEWSの取材にこう答えた。 CAMPFIREによれば、同社のクラウドファンディングサイトに他人の権利を侵害するようなプロジェクトが掲載されたのは今回が初。

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング