「プリウス」がコネクテッドカーに進化 トヨタがマイナーチェンジ

ITmedia NEWS / 2018年12月17日 18時18分

トヨタ自動車は12月17日、マイナーチェンジした「プリウス」を発売した。専用通信機「DCM」(DataCommunicationModule)を全車に標準搭載し、コネクテッドカーに進化。「クルマが人や社会と通信でつながることで、24時間365日、カーライフを充実させるサービスを利用できる」(同社)。251万8560円(税込)から。 全車にDCMを標準搭載し、

記事の有効期限が切れています。

トピックスRSS

ランキング