写真

加賀市は2018年2月、30年ぶりの記録的な大雪に見舞われた=日本マイクロソフトが公開した動画より

「街の機能がほぼ停止した」――そう話すのは、石川県加賀市の宮元陸市長。同市は2018年2月、30年ぶりの記録的な大雪に見舞われ、「除雪車の運行管理がほとんど満足に、思うようにいかなかった」と宮元市長は振り返る。 そんな教訓から加賀市は、IoTを活用した、除雪車の運行状況をリアルタイムで把握するシステムを導入した。こうした取り組みは、 [全文を読む]

トピックスRSS

ランキング